2018年04月07日

【長谷川コラム】常連様の定義とは?

火影@.jpg




本日スタッフに話したこと。

「常連様の定義って何?」

という私の問いに、

「よく来てくれる人」

とスタッフ。

で、私は

「なら、うちに来る食べも飲みもしない○○さんの友人は常連様?」

と聞くと、スタッフは

「いや、違う。」

で、私はこう言いました。

「でしょ。ただ単に来てくれる人では常連様とは言わない。

私にとっての常連様は、お店を愛してくれる人。

誰かの友達で、その誰かが辞めたら来なくなる人はお客様だけど常連様とは言わない。」

私が危惧しているのは、常連様の意味を勘違いして、お店の空気が悪くなり、新規のお客様が入りづらい空気になることです。

スタッフのように、よく来てくれる人が常連様と認識してしまい、常連様の存在がお店にとって良くないものになっているお店は少なからず存在します。

うちに毎週のように来てくれる仲のいいお客様がいます。

そのお客様は、最初は普通のお客様でした。

回数を重ねるうちに、仲良くなったせいか徐々に羽目を外すようになってきました。

終いには、何も食べず飲まずでカウンターに居座るようになったのです。

そのお客様のの人間性を否定するつもりはさらさらありません。むしろめっちゃいい人です。

しかし、はしゃぎすぎていて、それでいて飲み食いもしない。

他のお客様から見ると、どうでしょうか?

私なら、居心地悪いなと思います。

お店は家ではありません。

友達の家に行くような感覚で来て頂くと、時には困るときもあります。

そうした人につきっきりになったり、おしゃべりしていて他のお客様に対して気配りができなくなるとどうでしょうか?

私は、よくないと思います。

だから、改めて常連様の定義を定めておく必要があるのです。

もちろん、顔を出してくれるだけでもうれしいですよ。

でも、それとこれとは話が違います。

あくまで、スタッフとお客様という垣根を崩してはいけないと私は思います。

それが崩れると、居酒屋がガールズ(ボーイズ)バーと化してしまいます。

この2つの業態の違いはなんでしょうか?

私の考えは、商品の違いだと思います。

居酒屋やレストランのメイン商品は、料理やドリンク。

ガールズバーやキャバクラのメイン商品は、サービスです。

これが逆転しないように、私たちは気をつけなければいけません。

あくまで勝負すべきポイントは業態力や商品力。

サービスはそれを引き立てるスパイスです。

「あそこは味は微妙だけど面白いから行く」

というのはいけません。

以上、参考になれば幸いです。




 

乾杯.jpg


posted by 長谷川 諒 at 21:35| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

【長谷川コラム】ラッキーパンチなど存在しない。全ては実力。

322.jpg



先日、ある人にこう言われました。

「へー、繁盛しているんだ。まぁ、場所がいいからね!」

私は正直カチンときましたが、さらっと受け流しました。

うちは場所がいいから繁盛した?

それならば、どうして場所がいいのに潰れる店が絶えないのか?

それに、私はあらゆる手段を駆使して今の物件を獲得しました。

それも実力のうちではないのか?

全て、運や環境で済ませられるのは納得できません。

運がよかった、恵まれていたという言葉は、自分を指して言うことであって、他人に向けて言うと侮辱に変わります。

何気なく使っていたのなら、気を付けたほうがいいです。

さて、私が何を言いたいのかというと、世の中に偶然なんてない、ということです。

もちろん偶然の要素はあります。が、それを掴むのは本人の実力です。

仮想通貨で簡単に儲かるとよく言われますが、そんなに簡単じゃないですよ。

取得単価を低く取り、リスクを冒していかないと億り人にはなれません。

一年前、ビットコインは多くの人が詐欺と言っていたなかで、自分の資産を投入した人だけがお金持ちになれたのです。

これは実力で、運ではありません。

この、運や偶然となんでも捉えてしまう思考回路の人は、なかなかうまくいかないと思います。

なぜなら、思考停止しているからです。

偶然と考えてしまうと、根拠を探さなくなります。

つまり、再現性がないので同じ失敗は繰り返すし、成功は単発に終わります。

世の中の事象には、必ず原因があります。

それを認めようとしなければ、真似なんてできません。

以上、素直にすごい人は凄いと認めましょう、という私の考えでした。

そこから何かを得て自分の行動に活かしたほうが何倍もメリットがあります。




posted by 長谷川 諒 at 18:16| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

【長谷川コラム】ネットでは大胆に、対面では謙虚に。

DSC_0361.JPG



見ての通り、私はこのブログやFacebookでお店の実績や数字を惜しげもなく公開しています。

よく、多くの人から


「そんなことをしたら反感を買って嫌われる」

「税務署に目をつけられていいことない」


なんて言われます。が、そんなことないんですよ、案外。

確かに反感は買われます。

でも、ブログで反感を買われても、お会いする機会に腰を極限まで低くしてへりくだって接すればいいのです。

そうすれば、「こいつ、調子に乗っているかと思ったけど案外いいやつじゃないか」と思われます。

最初にハードルが下がっているので、やりやすいです。

逆に、SNSで感謝!とかいつも書いている人は、ちょっと羽目を外すと大目玉を喰らいます。

ハードルは下げておくに越したことはありません。

ネットでは大胆に、対面では謙虚に。

これはネットとリアルどちらを欠かしてもうまくいかない現代の商売の鉄則だと思います。

ネットはある程度大きく出ないと注目を得られません。

例えば、私は先日坪月商40万という記事を書きましたが、これを”大繁盛”みたいな曖昧な表現を使えばインパクトが弱く見てもらえないのです。

嘘はいけませんが、過大表現にならない程度ならきちんと自己主張したほうが結果がでます。

で、対面ではとにかく謙虚に振る舞いましょう。

私が気をつけているのは、言葉使い、挨拶です。

調子がいいと急に偉そうな話し方をしだす人がいます。

目上の人にはめちゃくちゃ媚を売るのに、年下の人や後輩など自分より立場が下だと判断できる人に対しては上から目線で接する人がいます。

こうしたようにならないように注意が必要です。

次に、挨拶です。

挨拶と言ってもこんにちは、さようならといった言葉ではなくて、定期的に顔を見せる、ということです。

そして、きちんとお金を使う。相手が誕生日とかお祝い事の時は手土産を持参する。

ただ、これだけです。特に目新しいことなんて必要ありません。

あ、忘れていました、もう一つ私が気をつけていることは、聞かれてもないのにアドバイスや助言をしない、ということです。

私もよくされるから言えるのですが、正直求めてもいないのに色々言ってくる人ってうざいです。

しかも、全然的を射てないし、さらにめんどくさいのがそのアドバイスが実行されたかわざわざ確認しに来る人です。

頼むから放っておいてくれと思います。

自分がこう思うから、私も気をつけています。

色々言うのは、求められた時だけ。

その時は、思ったことをきちんと伝えます。

以上、私が日々気をつけていることでした。

ポイントはイメージ操作です。

やり方は色々あれど、いい意味でも悪い意味でもイメージの落差で人は印象を決めます。

このことを知っていて損はないと思います。



DSC_0361.JPG
posted by 長谷川 諒 at 20:57| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。