2015年09月11日

サイバーエージェント、藤田晋さんの自伝








おかげさまでランキングが90位まで上がりました。
これからが長いと思いますが、のんびりと更新していきます。
お時間のある時にでも、目を通していただけたら幸いです。



今回は尊敬しているサイバーエージェント、藤田晋社長の自伝的な本のご紹介。


サイバーエージェントはアメーバ事業でご存知の大手IT企業。
年商2000億以上、経常利益も右肩上がりの超優良企業です。

ちなみに採用は顔で選んでいると噂されるくらい美人が多いことで有名です。
NAVERまとめで特集も組まれています。
恋するフォーチュンクッキーサイバーエージェントverはものすごいpvだったと聞きます。


さて、この本


”渋谷で働く社長の告白”



では、藤田晋さんが起業家を目指したきっかけからITバブル崩壊までの、希望と葛藤が描かれています。


これから独立を目指す人に是非読んでいただきたい名書です。
創業時の資金調達の大変さや、株式公開してからのプレッシャーなど、当時の藤田晋さんの心情が細かく描かれています。
これを読んで、心の準備をしておきたいものです。


ちなみに、この本ではサイバーエージェントが度々見切り発車的な形で事業を興していく事例が紹介されています。

飲食でもよく似たことがあって、何も考えず独立してしまうパターンです。


いまや10店舗中8店舗が三年以内に消えてしまう飲食店飽和状態の時代に、これではうまくいきません。
私は独立経験もないし、偉そうなことは言えないのですが、もしこれから自分のお店を作る方がいらっしゃれば、コンセプト、店舗設計、マーケティングなどをしっかり練りこんでから始めて頂きたい。

よくあるパターンに、とりあえず始めて、不具合が見つかり、想定よりも売り上げが上がらず、お店をたたむ、というパターン。
私の職場に相談に来る方もほとんどがそのような状況です。
飲食は独立して自分の城を築くことを目標としている人が多いからこうなるのでしょう。



もう一度、よく考えてください。
このことに関しては後日、改めて書きたいと思います。








posted by 長谷川 諒 at 15:45| Comment(0) | 藤田晋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。