2015年08月15日

いつまでもデブと思うなよ@岡田斗司夫






私は今まで、数々のダイエットに失敗してきました。
そもそもそこまでは太ってはいないのですが、年齢とともに下っ腹のふくらみが気になりだしました。
これまで試したのはランニング・筋トレといった類。
最高二か月続いたのですが、成果は実らず。
原因はわかっていました。


食べ過ぎ飲み過ぎ。


運動している以上に摂取してしまっていたのです。
夏になれば、走った後に大量のビールを飲み、更に腹が出ていく始末。
これはどげんかせんといかん!と思い、手に取ったのがこちら。



いつデブ.jpg


”いつまでもデブと思うなよ”




いいタイトルです。
悔しさがにじみ出ています。
私はこの本を


”いつデブ”


と呼んでいます。
”もしドラ”みたいでいいですよね。


感想ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この本で提唱されているのは、

”レコーディングダイエット”

という手法です。

平たく言うと、自分の摂取したものを記録(=レコーディング)し、管理する方法です。
ダイエットでも経営でもそうですが、破綻(=太る)のは


”管理できていないから”


です。
自分が何キロカロリー摂取したか、いくら経費を使ったか、把握することが大切です。

私も今まで間違いを犯していたのですが、ダイエットを始めるにあたってまずすること、それは


”体重計を買い、毎日量ること”


です。
ランニングではありません。


仕事でもなんでもそうですが、大切なことはまず現状の自分を知ること。
スタートは例外なくそこです。
そこがわかれば、課題は自然と見えてきます。
やみくもに対策を張るのではなく、適切な処置をすることが成功する秘訣です。



ダイエットの本ではありますが、私の中では様々な気づきを与えてくれた偉大な一冊です。
ダイエットとは無縁な方でも、成功本としてぜひおすすめしたい一冊であります。









posted by 長谷川 諒 at 16:15| Comment(0) | 岡田斗司夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。