2015年09月14日

あなたの部下になりたい!@中谷彰宏






また中谷先生です。



中谷先生の本は”人間力”を中心に描かれています。
小手先のテクニックではありません。
人としてどうあるべきか、という点について書かれています。


人間力が優れている人ほど、お金も稼げる、異性からモテる、幸せになれる・・・



全てのベースは人間力です。



テクニックはいくらでも後付できます、ましてやアウトソーシングもできます。




中谷先生.jpg




今回ご紹介する本はこちら。




”あなたの部下になりたい!”





飲食店の店長にはこの本を是非読んでほしい。


私はこれまでいくつかのお店でお世話になってきましたが、いい店は店長の手腕次第です。


これは断言できます。


いい店の定義はいろいろあるかと思いますが、私の中では



”スタッフが長続きするお店”



がいい店です。
これは、上に立つ人の人間力が問われます。



ほとんどのお店は人材不足に悩んでいます。


スタッフが続かない、仕事ができない、飛んでしまう…


しかし、スターバックスのように低い時給でも求人を出さずとも素敵な人材が集まってくるお店があるのも事実。



これはトップの人間力です。



店長、もっというならば社長の人間力がスタッフを惹きつけます。



逆に、離れていくのも上に立つ人が原因です。


離職する理由は



”仕事の内容ではなく、職場の人間関係”




です。
これは常識と言っても過言ではないでしょう。



いいお店、いい会社を作るため、人の上に立つ人は勉強して人間力を磨きましょう。



この本は最初の一冊にうってつけです。






人気ブログランキングに登録しました。
ご覧になった方、ポチッとクリックして頂けたら嬉しいです!
↓↓
人気ブログランキングへ


自己啓発書 ブログランキングへ





posted by 長谷川 諒 at 15:02| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

空気を読める人が、成功する。@中谷彰宏






今日は中谷彰宏先生の作品のご紹介です。



中谷先生は私が読書を始めるきっかけとなった人であり、メンターです。
19歳の時、アルバイトの人間関係で悩んでいた私は、何か解決策はないかと書店に足を運び、中谷先生の作品に出会いました。




中谷先生.jpg





それ以来私は、読書にのめりこむことになります。
読む速度は加速度的に上昇し、22歳の時には一日1冊ペースで本を読んでいました。
当時お金には余裕があったので気になる本があればAmazonで片っ端から購入し、一回に60冊ほどまとめ買いしたこともあります。


もちろん中谷先生の著作は全て読破しております。
現在990?冊ほど出版しており、時間はかかりましたがすべて読みました。
私の人格のベースは中谷先生によるものが大きくなっております。



先日東京に行く機会があったので個人コンサルティングを依頼し、直接会いに行きました。
厳しい人でした。
一流の人のオーラを肌で感じてきました。
決して安い投資ではありませんでしたが、今後は収入を増やし定期的に伺おうと思う次第です。



本日の一冊はこちら。



”空気を読める人が、成功する。”




一昔前に、KY(空気を読めない)という言葉が流行しました。
そして現在、AKY(あえて空気を読まない)という言葉が流行しています。
ビジネス書でも、空気を読む必要はない、という記事を見かけます。
有名人でいうと、堀江貴文さんなんかその筆頭でしょうね。




本当にそうでしょうか。




私の考えはこう。




”どっちにしても、まず空気を読む”




です。
どういう空気か把握し、そこからの行動を考える。
それ故に空気を読まない動きをすることもあります。
それがAKYです。



その理由は一つ。




”周りの人を不快にさせるから”




です。
本当に空気の読めない人は、周りをイライラさせます。
本人に自覚はありません。
周りがイライラしているのを見て、どうしてイライラしているのだろうなんて思ってたりします。




こうならないための具体例が、この本にはたくさん描かれています。



周りの人が機嫌が悪くて困っていませんか?


どこのお店に行っても店員さんの対応が悪いと感じませんか?



これは、多くの場合自らに原因があります。
空気が読めていないのです。



私は飲食業ですので、お客様のこともよく観察しています。
私ども店員に好かれるお客様と、嫌われるお客様に分かれるのは事実です。



お客様を差別するなと言われそうですが、サービスマンも人間ですから、好き嫌いは当然生まれます。



両手がトレイでふさがれているのにオーダーを言われても、覚えられません。
気が利くお客様はタイミングを見計らって声をかけてくださいます。
そうしたお客様には、私たちも優先してサービスをしたくなるもの。



これが、空気を読むということです。




人間関係で悩んでいる方、ぜひおすすめの一冊です。
ヒヤリとする例がたくさん登場するはずです。











posted by 長谷川 諒 at 16:46| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

かわいがられる人は、うまくいく。@中谷彰宏





本日は中谷先生のうまくいくシリーズからこちら。



かわいがられる.png

かわいがられる人は、うまくいく。


感想ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


かわいがられる人とはつまり、


”感じのいい人”



であります。
同じ条件下で二人の候補からどちらかを選ぶとき、決定打は


”どちらが好きか”


です。
これは断言できます。

この本には、日常の様々なシーンで愛される術が書かれています。
うちの上司は最悪だって思ってるそこのあなた。
原因は自分の何気ない一言かもしれませんよ。



私の所属する飲食店には、非常に多くの同業者が来店されます。


その多くは、カリスマ性のあるオーナー目当てです。
これから独立して出店する若者も多い。


しかし残念ながら、ほとんどが感じが悪いです。
もっというと、


”オーナーには感じがいいけれど、私たち従業員には感じが悪い”


です。
だから一層腹黒く見えます。
よく成功本に書いてある、

”社長以上に、受付や秘書の方に礼儀正しくしろ”


というものを知らないのでしょう。
気の毒だなーって思います。
いくらおいしい料理を出していても、私はそんな対応をするオーナーのお店にはお金を使いたくありません。



お金を使うのは、人間です。
自分のスキルを磨くことも大切ですが、それ以上にお客様に愛される人になることがもっと大切だな、と改めて思いました。








posted by 長谷川 諒 at 15:14| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。