2015年11月14日

本当の恋の達人@中谷彰宏




本日紹介するのも中谷先生の恋愛本。

前回のものと同シリーズです。

本当の恋の達人

です。

恋してますか?

男性も女性も、恋愛をすると輝きます。

恋愛運と仕事運は連動しています。

分けて考えがちですが、連動しています。

恋愛をすると仕事がおざなりになるというのは、子供です。

大人は、恋愛が充実すると、仕事もはかどります。

要はメンタルです。

心が満たされるとすべてうまくいく。

満たされないと、何をしていても充足感がない。

恋愛をしましょう。

しかし、かつて恋愛で痛い目を見たり

現在恋愛で悩んでいる人も多い。

結婚適齢期を迎え、周りが結婚していく中、

焦りを感じ、余裕がない人も多い。

そんな方に向けて、この本は中谷先生が様々な考え方を

提示しています。

是非読んで頂きたい。


私が最近気づいたことがあります。

幸せそうな人に必ずある共通点です。

それは

人のことを好きになれる

ということ。

どういうこと?と思われるかもしれません。

しかし、これが出来ないって人が多い気がします。

勘違いしがちなのですが、

本当の意味で好きになるというのは

〜なのに、好き

ということ。

例えば、不細工だけど好き、貧乏だけど好き。

マイナス部分があるのに、なぜか好き、一緒にいたい

そう思えるのが、好きということです。

しかし、大抵の人は違う。

順接の好きと言いますか、〜だから好き、なのです。

イケメンだから好き、お金持ちだから好き、優しいから好き。

これ、一見すると普通なんですが、落とし穴があります。

比較優位なのです。

つまり、上には上がいる。

もっとイケメンもいるし、もっと金持ちもいる。

そんな人と出会ったら、目移りします。

それは相手が好きなのではなくて、お金が、顔が好きなのです。

相手を好きなのではありません。

だから、いい恋愛が出来ません。

長続きせず、結婚もできない。

この年になって結婚の話題が増えました。

パートナーがおらずに焦っている女性も多い。

そこで陥りがちなのがここです。

結婚相手としての物差しだと、いい人と出会うはずないのです。

尺度が収入と、顔になるからです。

だから私は、まず恋愛しましょうと言います。

その結果が結婚です。

結婚のために恋愛をすると、必ず破綻します。

ていうか、本当の意味での恋愛はできないでしょう。

結婚適齢期なんて世間はいいますが

あんなのただの平均値であって、なんの意味もないと

私は思います。

だから、焦らず、じっくりと自分を磨いて、

棚から牡丹餅が降ってくるときに備えましょう。

恋愛も勉強です。

心理学の一ジャンル。

感性と理論の集合体。

感性だけでも、理論だけでもダメです。

長くなりましたが、まだ書きたいことがあるので

後日また書きます。

次のテーマは

パートナーを素敵にする方法

です。

これは中谷先生と与沢翼さんから学び

私が実践して、確証を得ているものです。

また書きます。








もし、とてもよかったという方がおられましたら、いいね!やシェアして頂けたら
とても嬉しいです!



人気ブログランキング参加しています!
ご覧になられた方、是非ポチッとお願いします!


↓↓
人気ブログランキングへ


自己啓発書 ブログランキングへ






posted by 長谷川 諒 at 17:01| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

大人の恋の達人@中谷彰宏



私も26歳になりました。

最近は結婚式に招待される機会も増え

もう若くないなーと思う今日この頃。

そこで、本日紹介するのはこちら。

大人の恋の達人

でございます。

我がメンター、中谷先生の作品です。

大人の恋。

大人の恋とは何だろう。

というのも、この年になって思うことがあります。

ああ、皆恋愛より結婚だなーって。

それが恋愛の上ならよいのです。

大好きな人と付き合って、ずっと一緒にいたくって

その結果、結婚ならよいのです。

が、しかし。

やはり女性は、結婚が先行してしまう。

出産というタイムリミット的なものも相まって、

焦りを感じ、魅力的でなくなるという悪循環。

こうした中で出会う人って

恋愛の物差しではなくて、結婚の物差しで測っちゃうから

もし結婚できたとしても、うまくいかない。

夫婦仲が悪くなる。残り50年の人生、それでいいのか!と

思っちゃうわけです。

この本には、恋の悩みを抱えた女性にとって

多くの気づきを与えてくれます。

是非読んでください。

恋愛したら、女性は綺麗になります。

これは体験則です。

男性も然り。

恋愛をしましょう。

年齢は関係ありません。

未婚既婚も関係なし。

男はパートナーを常にドキドキさせましょう。

女性を輝かせるのは簡単です。

常に、求めてあげる。一人の女性として扱う。

これだけです。


また書きます。




もし、とてもよかったという方がおられましたら、いいね!やシェアして頂けたら
とても嬉しいです!



人気ブログランキング参加しています!
ご覧になられた方、是非ポチッとお願いします!


↓↓
人気ブログランキングへ


自己啓発書 ブログランキングへ




posted by 長谷川 諒 at 15:30| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

超管理職@中谷彰宏

稼ぐ.jpg





最近よく考えます。




優れたリーダーとはどのような人物なのかと。




店長を任されて二カ月、売上は順調すぎるといってもいいくらいです。




自分の哲学に確信が持てるほど、調子はいい。




あとは、人材面。



いかにスタッフを引っ張るか。



そんなことを考えながら、近頃は本をむさぼり読んでいました。




”超管理職”




この本に答えはありました。
また、中谷先生です。



ついていきたくなる人とはどんな人か



この人の言うことなら、と思われる人はどんな人か



その具体例がここにはありました。




飲食業の永遠の課題として


人材教育があります。



いや、全てのジャンルでそうでしょう。



人を育てる能力のない会社は必ず傾きます。



飲食業をしている人は、大抵独立を目指します。



ということは、どこかのお店に入るとき、最初からやめる前提なのです。



一生ここで働こう、なんてことはない。



私はずっと疑問を抱いていました。



どうしてこんなシステムなんだろう。




せっかく育てた自分の右腕がやめてしまい、



また新人を一から育てる。



一生その繰り返しです。



だから私は、独立して店舗展開をしようと考えていました。



自分の右腕ができたら2号店を出し、そこを任せる。



その繰り返しでどんどん拡大していく。



私も儲かり、スタッフも儲かる。



辞める必要なんてない。



人脈と収入が複利計算で増えていくわけです。



結果、私は雇われでその道を進むことになったのですが



最近色々なニュースを聞き、この考えは正しいと確信しました。



このスタイルで成功している会社が、私の大好きなラーメン店、石田一龍です。



この会社は店長をのれん分けという形で独立させます。



そして、その店長のお店からさらに独立させるという



倍々ゲームのやり方をとっています。



弟子たちは石田一龍のブランドと味を継承でき



独立の夢も叶う。リスクも低い。



大将は規模が拡大すればするほど儲かる。



まさにウィンウィンの関係です。
これが理想の形です。




美容業界でいま最も注目を浴びているOCEAN TOKYOも



おそらく今後こうなります。



つまり、人材教育とは



”いかに夢を見させるか”




につきます。
この人、この会社についていこうと思わせる



そんなリーダーがいま、必要なのです。



もし、とてもよかったという方がおられましたら、いいね!やシェアして頂けたら
とても嬉しいです!



人気ブログランキング参加しています!
ご覧になられた方、是非ポチッとお願いします!


↓↓
人気ブログランキングへ


自己啓発書 ブログランキングへ













posted by 長谷川 諒 at 16:50| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。