2016年04月29日

”素直”なことが、うまくいくためには必要である。@中谷彰宏

素直.jpg

”素直さ”が成功するには必須だ。

成功の概念は様々だが、素直さを欠いた人は孤立する。

それを、最近悟ったのだが、同時に悩ましい。

素直じゃない人を素直にさせるのは不可能だからだ。

あきらめるのが一番だが、利害関係にあるからついつい考えてしまう。

素直かそうでないか、これは言い換えると

人の話を聞くか否か

だ。ピンとくる人も多いだろう。

一般的に、歳を重ねると素直さは消えていく。

ある程度の社会的地位と、おかしな意地がそうさせる。

頭の固い上司に悩まされている人も多いだろう。

こうしたタイプは、はっきり言って不快で無能な人が多いが

安心していい。すぐに消えていく。

業績不振か体調不良で消えていくのだ。あと少しの辛抱だ。

自分より上と認識した人にはペコペコし

下と認識した人には横柄になるのも、このタイプの大きな特徴である。

年齢が上=仕事ができると勘違いしているのだろう。

年上を敬うのは当然だが、仕事能力は関係ない。

10代でできる人もいれば、40代でできない人もいる。

人を歳で測るのは悪い癖である。

年齢で見るのではなく、その人そのものを見よう。

”素直さ”を持とう。

他人の話に耳を傾けよう。

大切なのは、”誰が”ではなく”何を”だ。

内容を聞くんだ。

どんな人も間違えるし、どんな人でもいい意見を持っている。

だから、発言者ではなく、意見そのものを見よう。

私が出会ってきた素直さを欠く人は、いま、孤立の危機に瀕している。

自分が断崖絶壁に立っているのがわかっていない。

忠告してくれる人に感謝したほうがいい。

あなたはそもそも話を聞かない(聞けない)から

周りの人はみんな諦めて何も言わないんだ。

そうなったら終わりである。

つまり、もう終わっているんだ。

その現状を自覚すべきだ。

そして、それを踏まえ、自分がどうすべきかもう一度考えるといい。

このきじ、そうした人たちの目に届くことを願っている。


posted by 長谷川 諒 at 05:22| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

変えられないことに悩むのは時間の無駄。変えられるのは自分自身。

心.jpg

題名の通りなんだけど、そうは言っても悩ましいものは悩ましい。

おれもそれで悩んでいたし、無駄だとわかっていても考えちゃうものだ。

そうした悩みって、たいてい人間関係なんだ。

これはいつまでたっても尽きない悩みだ。

他人は変えられない。だから、自分を変える。

こんな当たり前のことはわかっているけど、できないから悩むのだ。

嫌いなものは嫌い、苦手なものは苦手なんだ。

そんなこと思っていても、付き合わなけりゃならない。

大人って大変だ。

最近いい方法を発見した。

そんな憂鬱な気分のときは、体を動かすのだ。

おれはダイエットのためにランニングを始めた(再開した)んだけど

走っていると、気分が晴れる。

きっと、酸素が体中を巡ってるからだろう。

疲れると深い睡眠をとれるから、考えすぎて眠れない人にはぴったりだ。

体も絞れていいことづくしだ。

震災で暗いニュースばかりが流れてる。

どうしても気分が沈んじゃうけど、そんなときは強がらず

”いま、おれ落ちてるなー”って、まず認めよう。

そうしたら楽になるもんだ。

落ちちゃいけないなんて思ったら辛くなっちゃうから。

落ちちゃって結構。

また浮き上がればいいだけの話だ。

今日はメンタル的な話を書きます。

日本人は責任感が強くまじめな人が多いから

感情的になりがち。おれもその一人。

まじめな人は他人にもまじめを強要しちゃうんだよね。

ほどよく緩いほうが楽なのに。

でも、そうやっていると疲れるから、もっと楽にいこう。

人の目ばかり気にしちゃうけど、安心していい。

そんなに周りはあなたのことなんて気にしていないから。

だから、もうちょっと素直になってもいいんだ。

この歳になると、一生の決断で迷うことがある。

条件、周囲の目、次があるかわからない不安。

これらに押されて現状維持をしがちだけど

本当に自分がどうしたいのか、心の声を聴いてみよう。

男性は仕事、女性は結婚がこんな悩みになりがちだよね。

おれは現状打破を選んだ。

どうなるかはわかんないけど、気分がすっきりしているからこれでいい。

悩んでる人、ほんとにそれでいいの?って自問自答してみるといい。

大抵は、現状打破がしたいこと、現状維持が期待されていることだ。

違いは、主語が自分か周りの人か、だ。

短い人生、自分で決めるか、他人が決めるか

後悔しない方を選ぼう。

今日はいつもと違う感じで書きました。

ちぐはぐですいません。
posted by 長谷川 諒 at 04:04| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

焦らず、止まらず、退かず。長い目で見よう。@中谷彰宏

b21bba8a13500b8d4bfb35cb5a407593_l.jpg

気づいたらこのブログが48位になってた。

18779ブログ中48位だ。

皆さんのおかげである。感謝。

さて、今日のテーマは、”焦らない”ってこと。

そのための言葉が、私の座右の銘である

”焦らず、止まらず、退かず”

だ。これは中谷先生の著作の一つ。

リンクを張っておく。

焦らず、止まらず、退かず。

【短期的な結果では何もわからない】

さて、なぜこんなことを書こうと思ったか。

それは、自分が焦り過ぎていると思ったからだ。

私だけでなく、友人もそうだ。

でも、焦っても結果は出ないんだよね。

焦っているときは、概して判断を間違える。

私の日課であるブログもそうだ。

いきなりいい記事を書こうとしたら書けない。

出来ない人はいきなりいい記事を書こうとして、結局書けない。

一番大切なのは、書くことだ。

四の五の言わず書く。

これが大切。

あとからいくらでも修正できるから、まずやることが大事なんだ。

恋愛でもそう。

男は特にそうだが、すぐに結果を求める。

具体的に言うと、最初のデートでいきなり最後まで求めてしまう。

これではだめだ。

焦ったら結果は出せない。

以前の記事で、勝負デートに行く前はオナニーしていけと言ったが、

それはこういうことである。読んでない方は読んでくれ。

勝負デートに行く前には、オナニーしていけ!


要は、物事は長い目で見なけりゃダメだ。

最後に勝つのは、あきらめず、耐え抜いたやつだ。

ビジネスも、恋愛も、長い目で見て、戦略的に行こう。

感情的になると勝てない。

感情的になるとは、焦ることだ。

冷静に行こう。

かといって、守りに入っても結果は出ない。

何もしないで、気になるあのことは付き合えないだろ。

だから、攻める。

焦らず攻める。

焦らず、止まらず、退かずって言葉は、まさにピッタリなんだ。

結婚に焦ってるそこのアナタ、焦ったら間違うから

一度立ち止まって考えてみたらどうだろうか。

焦らなくても、必ずいい人と巡り合うから

冷静になって考えたほうがいい。

ただし、自分磨きも忘れないこと。

何もせず結果だけ求めるのは都合がよすぎるからな。

今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が役に立ったという方、是非いいね!やシェアをよろしくお願いします!



posted by 長谷川 諒 at 12:49| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。