2018年04月30日

【長谷川コラム】代替可能な能力を磨くのは不毛な努力

罠.jpg



私は大根の桂むきが出来ません。

魚をさばくのも苦手です。

でも、これまでに困ったことは何もありません。

それどころかお店を開いてそこそこ繁盛させています。

私は口が巧いとよく言われます。

わかりにくいことをわかりやすく説明するのが得意です。

文章を書くのも得意です。

イラレやパワポはへたくそですが、売れるメニューのレイアウトやデザインは作れます。

何が言いたいかというと、私が意識して磨いている能力は、重宝され、かつ競争相手が少なく、実益がある能力だということです。

私が磨いた能力があればお店は開けるし、繁盛させることが出来ます。

しかし、大根を綺麗に剥けても、魚を素早くおろせても、かっこいいチラシが作れてもお店は作れないし、繁盛はなお難しい。

もちろん、覚えて損はないですよ。でも、これらのスキルは持っている人が多いし外注できるんですよ。

もしくは代用可能であることが多いです。

人生は短いし人の脳みそは容量が決まっています。

自分がどこに重きを置いているかきちんと考えてみるべきです。

私はお金持ちになることを最重要視しています。

そのために、繁盛店を経営する。そこから生まれた資金を運用して財を築く。

それゆえ必要な能力は、@お店を繁盛させる力A投資力です。

@は永遠の課題ですが、日々試行錯誤して自分なりの理論を構築しています。

Aはまだまだ駆け出しで全く結果も出ていませんが、焦らずに行動していきます。

あなたは、どうなりたいですか?

その努力は、夢にたどり着くために必要ですか?

独立したいと言うなら、調理技術はもちろん必要ですが、それ以上にプレゼン力、お金を貯める忍耐力、交渉力など経営者に必要な能力のほうが役立ちますよ。

そうした能力を磨いている人は少ないです。だから重宝されます。

師の言葉ですが、成功するためには常にマイノリティーである必要があります。

その他大勢に成功はあり得ません。

飲食業も繁盛店は3割、超繁盛店は1割。マイノリティーです。

このところをきちんと考える必要があります。




posted by 長谷川 諒 at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。