2018年04月20日

【長谷川コラム】眠らせているお金は何も生まない。投資しよう。

DSC_0361.JPG





最近私は本業で稼いだお金を様々なものに分散投資すべく動き回っています。

現在進行形なFX、今後は株、仮想通貨、債券、それに飲食店も今年中にもう一つ作る予定です。

私はお店を開いて一年半ですが、これまでは借入金もあるし怖かったので何も行動をしませんでした。

しかし、今後は動きます。

自らの資産をリターンのあるものに分散投資して更なる成長を図ります。

お金は、銀行に預けていても何の価値も生みだしません。これ、本当ですよ。

100万円銀行に預けていても、利子は年20円とか。まるで無意味です。

私は2年前、銀行に貯めておいた150万を元手に融資を受け、お店を出しました。

この行為はあまり理解されていないですが、立派な投資です。

7倍のレバレッジをかけて150万を居酒屋に置き換えたのです。

その居酒屋は、今では年に元本の20倍以上のキャッシュを生むようになりました。

投資行動としては大成功だったと言えるでしょう。

私は今年その居酒屋が生んだキャッシュを再投資しようと目論んでいるわけです。

もし私が150万を投資せず、せかせか働いていたら今頃どうだったでしょうか?

恐らく、150万は200万、もしくはもうちょっとくらいになっていたかもしれません。

これではいつまでたっても豊かになれません。これはもうわかりきっていることです。

私たちが豊かになる為には、まず軍資金を貯め、それを何かに置き換えてリターンを生まなければなりません。

限られた収入を少しづつ積み立てても時間がかかりすぎて使えるころにはおじいちゃんおばあちゃんです。

もちろんリスクもあります。

私はなんとかうまくいきましたが、失敗して元本割れ、最悪ならば借金を負ってしまうこともあり得ます。

そうならないために、勉強しなければなりません。

リスクは0にはなりませんが、0に近づけることはできます。

そのために私は日々得られた教訓をこのブログに書いています。

飲食店も、全く同じです。

繁盛店を作る公式はないですが、閉店に追いやられるほど採算がとれないお店にならないためのノウハウはいくらでもあります。

嫌味になるかもしれませんが、私はもう一生食いっぱぐれることはないと思います。

私が飲食店を作れば、赤字になることは皆無です。唯一考えられる可能性は天災や事故など想定外の事態に陥ったときだけ。

そう言い切れるの理由は、私はリスクを冒さないからです。

矛盾のように聞こえますが、言い換えるとリスクを限りなく0に近づける、という意味です。

例えばですが、サラリーマンの多い街で安い焼鳥屋を作って毎日清潔に丁寧に営業すればその店はどうなるでしょうか?

大繁盛するかはわからないけど、赤字になることはないです。外さないやり方です。

私はこのような戦略を必ず取るので失敗はあり得ないと言います。

失敗する人はサラリーマンが多い街でパンケーキのお店を作るような愚行を犯してしまいます。

そうしたことをしなければ、投資のリスクは限りなく0に近づけることはできるのです。

私は投資をすることを推奨します。お金を眠らせていても何も生みません。

きちんと勉強して、的確な対象に良いタイミングでお金をつぎ込めば必ずリターンはあります。

ちなみにこんな偉そうなことを書いている私も失敗はたくさんあります。

とくにFXは今でも大幅に負け越しています。しかし、辞めません。

昨年まだまだ未熟だったころ結構な額を溶かしました。

いまそれを取り返すべく奮闘中です。

こうした失敗を繰り返してうまくなっていきます。

飲食店も、一度店を潰した人は二度目はうまくいくと言いますよね。

もちろん、失敗せずにやるのが一番いいですが、再起は可能です。

大事なことは、再起不能のダメージを負わないことですね。


DSC_0361.JPG


posted by 長谷川 諒 at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。