2018年04月18日

【長谷川コラム】自己主張も大切だけど、市場のニーズを満たすことも忘れないようにしよう。

DSC_0237.JPG




昨日は北九州に帰ってきました。

目的はずっとお世話になっている美容師さんに挨拶へ行くこと。

先日独立されて、ずっと行きたかったのです。おめでとうございます!

相変わらず満足の仕上がりで、いつもわざわざ福岡から北九州通っています。

おススメです。


今日は、そこのオーナー美容師さんとの話です。

お互い経営者なので、どのような経営戦略をとっているかお話しました。

その美容室は、ハーバースタイルという男らしいスタイルを提案しています。

イメージ的には芸能界でいえばケンコバさんみたいな感じですかね。

なぜそういうスタイルを推すのか聞いてみると、その理由が深いのです。

もちろん、そのスタイルがかっこよくて好きだから、ということは当然あります。

しかし、それだけではありません。

その理由とは


「このスタイルは、年齢を問わない。だから、おじいちゃんになるまで担当できる。

さらに、北九州は若者が少ないので、年齢層の高い人のマーケットが大きい。

そこのシェアを獲得できれば安定した経営ができる。」


というものだそう。

さすがだなぁと思いました。

この理論はどの商売でも応用できます。

言い換えると

・ターゲットの年齢層が幅広い。

・その土地の主要ターゲットに合わせたスタイル。

・競合他社の少ないブルーオーシャンを攻める。(ランチェスター戦略)

ですね。

私も同じ考え方で戦略を組み立てています。

参考までにうちがとっている戦略を紹介すると

・高客単価のお店が多いエリアで、低客単価のお店を出す。(ブルーオーシャン)

・から揚げという老若男女問わない看板商品。

・地元民、特に近所のサラリーマンやOLをターゲットにする。

という感じ。

業種は違えどやり方は同じことがわかります。

昨日北九州をぶらぶら歩いていましたが、私たちの戦略と全く反対なお店が多いこと多いこと。

うちの店が正しいと言っているわけでは決してありません。繁盛の形は千差万別です。

ただ、うちの店のやり方でなければ難易度は高いことは事実です。

お客様に合わせるのではなく、お客様が合わせるやり方は厳しい戦いを強いられることが多い。

消費者は私たちが思っている以上に保守的です。

新しい価値観をそうそう受け入れてくれません。

思い出して下さい。資さんうどんを食べて育った私たちが関東のいりこ出汁のうどんを美味しいとはなかなか思えないでしょ?

関東に行く機会があればどん兵衛を買ってみて下さい。ビックリしますよ。

これが関東で流行りの味だ!と言って地元の人に提案するのは簡単だけど、理解してもらうのは難しい。

それならば、地元に愛されているかつおだしのうどんを素直に提供し、ある程度受け入れられたタイミングで自己主張をするほうが安全です。

ということで、やっぱりSさんはカットも戦略もすごかった、あっぱれ!というブログでした。

気になる方は連絡ください。紹介しますよ。


blog_import_521d91a33bf62.jpgblog_import_521d91a33bf62.jpg


posted by 長谷川 諒 at 18:09| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。