2018年04月11日

【長谷川コラム】ギラヴァンツ北九州の試合を見て感じた、商売に対する意識の大切さ

e0078919_22552315.jpg



先日、知人の招待で北九州は小倉にサッカーの試合を見に行きました。

昨年完成した新しいミクニスタジアムに行くのは初めてで、とてもワクワクしました。

しかし、ここではいろいろ考えさせられました。

試合の結果は置いといて(0-4で完敗)、スタジアムやチームの集客やビジネス全般の成長が不可欠だな、と、私は心から思いました。

その日は春休みの快晴、日曜日という好条件にも関わらず、ざっと見たところ2割ほどしか観客は埋まっていません。

これでは予算が組めず、それ故にチームも勝てず、投資も回収できないだろうと感じました。

卵が先か鶏が先かという議論ですが、経営状態が良好なチームは結果も残せるというのが私の持論です。

勝つから経営がよくなるのではなく、経営がいい状態であるから勝てるのです。

それは、広島カープの例を見れば明らかです。

あのチームは会社として経営改善に取り組んだ結果、チームも強くなっていきました。

根拠はないですが、観客の応援でチームは必ず強くなります。

集客を強化して、ホーム席を満員に出来ればチームも強くなり、正のスパイラルに入ることが出来ます。

では、私が感じたこれはまずいな、と思う点を羅列していきます。

偉そうなことを書きますが、ご容赦下さい。


・演出がない。
⇒選手入場や得点シーンで何も演出がなく、楽しくない。
集客はサッカーに詳しくないビギナーの人にいかに楽しんでもらえるかが重要であり、現状ではそれが全く満たせていない。

・試合を見る以外の楽しみがない。
⇒例えば私はソフトバンクの試合を見にヤフオクドームへよく行くが、試合以外にグッズやグルメなど楽しめる要素がいくつもある。
ミクニスタジアムにはその要素がまるでなかった。

・食事のレベルの低さ。
⇒ビールが500円するにもかかわらず、350ミリリットルの缶であったり、カレーとから揚げしかなかったり、全く楽しくない。
選手にあやかった商品を作成するなど面白みを作るほうがいい。


といった感じです。

もっとありますが、大きくはこんなところです。

ざっくばらんに言えば、面白くない、だから集客できない、それ故に勝てない、ますます集客できない、という感じです。

多くの人が勘違いしている点をここで指摘しますが、勝てばお客様は増える、というのは誤解です。

勝っても、昇格してもお客様は増えない、なんてザラにあるんですよ。

なぜなら応援に来ている人は少数派であり、大多数はサッカーに詳しくない人だからです。

詳しくない人がサポーターに変わるには、楽しいと思ってもらわなければいけません。

サッカーを好きになってもらうのではなく、チームを好きになってもらうのです。

そうやって少しずつ観客動員数を増やしていけば、チーム補強にお金を落とせるようになり、結果勝てます。

飲食店も全く同じです。まず来てもらう。利益を出す、その結果やりたいことが出来てますます繁盛するわけです。

つまり、まず利益を出すことが大事であり、料理で一番を目指すのはその後なのです。

商売ですから、潰れたら終わりです。

利益を出さなければ会社は確実に潰れます。

北九州のプロサッカー文化は、このままではまずいと思います。

私はけなしているわけではなくて、もっと良くなってほしい、故郷が活発になってほしいからこんなことを書いています。

誰か関係者の目に留まって、改善に向かえばいいなと心から思います。


e0078919_22552315.jpg


posted by 長谷川 諒 at 18:50| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。