2017年09月28日

【長谷川コラム】安く仕入れて高く売る、という商売の原則を徹底していますか?

子犬.jpg



商売の原則を皆さんはご存知でしょうか?

それは単純で、”安く仕入れて高く売る”。これだけです。

でも不思議なことに、飲食店ではこれとは反対の状態に陥っている場合が多々あります。

安く仕入れたから、安く売る。高く仕入れたから、お手頃価格で。

これは商売の原則に反します。生活がよくなるわけありません

安い食材をいかに高く売れるか?これが職人の腕の見せ所であると私は思います。

高い食材は、加工のしようがないんですよ。

下手にいじくるよりもそのまま食べたほうがうまいからです。

宮崎マンゴーは、そのまま食べたほうがいい。

A5のブランド牛は、塩コショウで食べるのが一番うまい。

これでは、お金は取れないわけです。そのままですから。

例えばもやしとか、大根とか、そのままでは美味しくない食材をいかに美味しく仕上げるか。

そこにきちんと価値を上乗せして売るか。それが大切です。

画家などの芸術家は、絵の具や紙といった原価がほとんどかかっていないものを使って莫大な価値を生みだします。

私たちも、そうあるべきだと思います。

原価率何%というやり方は、もうやめましょう。


子犬.jpg



posted by 長谷川 諒 at 20:00| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。