2017年09月21日

【長谷川コラム】役に立てるお店を作れば食っていける

15saibook160411-thumb-720xauto.jpg


ネットでこのような記事が話題になっていますね。





これは飲食店コンサルタントの河野さんのFacebookページです。

私の感想はと言いますと、まぁ、その通りだな、という感じです。

でも、だからいって飲食がダメだというロジックは成立しません。

成功確率は低いかもしれないけれど、それは分母が他業種に比較して大きいからそうなるだけです。

参入障壁が高い業界ならばそもそも開業すらできなくて一生平社員で終わることなんてザラにあるわけですから、きちんと勉強して自らの城を築く決断を私はバカだとは思いません。

皆さんの言う通りで、やったことのない人がこんな否定的な記事を書くと腹が立ちますし、ならあなたはその知識を活かして他業種で成功しているのか?と問いたい。

恐らくしていないと思います。

だから、簡単に全否定などすべきではありません。反感を不必要に買う必要はない。

さて、ここからが本題ですが、こんなことを書いていてなんですが、この記事の中に私が商売をするうえで最も大切だと思うことが書いてありました。

それを今日は抜粋します。

商売をするうえで大切だと私が思うこと、それは”人の役に立つこと”です。

これを記事中の言葉で言うとマーケットインです。

マーケットインと書くと難しく聞こえますが、簡単に言えば人の役に立つ店やサービスを生みだすことをマーケットインと言います。

もちろん、プロダクトアウトも大事な考え方です。大成功する人はこの思考で商売をしています。

でも、それは万に一人の天才のやり方です。

近年で言えばビットコインを作った人なんかそうでしょう。

ビットコインのような革命的なシステムは誰にも作れません。

一般の人に出来るのは、それを手軽に扱える環境を整えることです。

つまりは取引所です。

又は、勉強して取扱方法を教えることです。

これが庶民のやり方で、大成功は難しくても失敗が少ないやり方です。

飲食店に話を戻しますと、プロダクトアウトのお店というのはミシュランで星をとるようなお店です。

これはなかなかできません。天才のなせる業です。

しかし、居酒屋なら作れます。

それも、人の役に立つ居酒屋。

私はその視点から、飲み放題と深夜営業、テイクアウトを打ち出しました。

料理を売るわけではなく、利便さを売ったわけです。

英語で言えばコンビニエンス。つまり、コンビニと同じわけです。

この視点が抜けているから多くの飲食店が潰れるという話には、私も大いに同意です。

相手の、お客様の視点に立って、役に立つ存在になる。

一度、お客様の視点に立って考えてみて下さい。

自分のお店は、役に立っていますか?

役に立つお店でないのならば、圧倒的に商品クオリティやサービスで他店に差をつけなければいけません。

そのハードルの高さは、言わずもがなですよね。




15saibook160411-thumb-720xauto.jpg


posted by 長谷川 諒 at 20:17| Comment(0) | 長谷川コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。