2016年04月20日

変えられないことに悩むのは時間の無駄。変えられるのは自分自身。

心.jpg

題名の通りなんだけど、そうは言っても悩ましいものは悩ましい。

おれもそれで悩んでいたし、無駄だとわかっていても考えちゃうものだ。

そうした悩みって、たいてい人間関係なんだ。

これはいつまでたっても尽きない悩みだ。

他人は変えられない。だから、自分を変える。

こんな当たり前のことはわかっているけど、できないから悩むのだ。

嫌いなものは嫌い、苦手なものは苦手なんだ。

そんなこと思っていても、付き合わなけりゃならない。

大人って大変だ。

最近いい方法を発見した。

そんな憂鬱な気分のときは、体を動かすのだ。

おれはダイエットのためにランニングを始めた(再開した)んだけど

走っていると、気分が晴れる。

きっと、酸素が体中を巡ってるからだろう。

疲れると深い睡眠をとれるから、考えすぎて眠れない人にはぴったりだ。

体も絞れていいことづくしだ。

震災で暗いニュースばかりが流れてる。

どうしても気分が沈んじゃうけど、そんなときは強がらず

”いま、おれ落ちてるなー”って、まず認めよう。

そうしたら楽になるもんだ。

落ちちゃいけないなんて思ったら辛くなっちゃうから。

落ちちゃって結構。

また浮き上がればいいだけの話だ。

今日はメンタル的な話を書きます。

日本人は責任感が強くまじめな人が多いから

感情的になりがち。おれもその一人。

まじめな人は他人にもまじめを強要しちゃうんだよね。

ほどよく緩いほうが楽なのに。

でも、そうやっていると疲れるから、もっと楽にいこう。

人の目ばかり気にしちゃうけど、安心していい。

そんなに周りはあなたのことなんて気にしていないから。

だから、もうちょっと素直になってもいいんだ。

この歳になると、一生の決断で迷うことがある。

条件、周囲の目、次があるかわからない不安。

これらに押されて現状維持をしがちだけど

本当に自分がどうしたいのか、心の声を聴いてみよう。

男性は仕事、女性は結婚がこんな悩みになりがちだよね。

おれは現状打破を選んだ。

どうなるかはわかんないけど、気分がすっきりしているからこれでいい。

悩んでる人、ほんとにそれでいいの?って自問自答してみるといい。

大抵は、現状打破がしたいこと、現状維持が期待されていることだ。

違いは、主語が自分か周りの人か、だ。

短い人生、自分で決めるか、他人が決めるか

後悔しない方を選ぼう。

今日はいつもと違う感じで書きました。

ちぐはぐですいません。


posted by 長谷川 諒 at 04:04| Comment(0) | 中谷彰宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。