2016年04月19日

相手が何をされたら嬉しいか考える。熊本地震で僕らがやっちゃいけないこと。やっていいこと。

ストップ.jpg

震災の被害が拡大している。

お亡くなりになられた方、心よりお悔やみ申し上げます。

今回は偶然熊本、大分だったが、これがどこであってもおかしくない。

支援はもちろん、自分が被災した際の準備も大切である。

自然災害リスクナンバーワンの国日本で暮らす以上、こうしたことを想定し

そうなっても焦らないような心構えが必要だ。

さて、今回は関根義光さんが震災の時の行動について

とても参考になることを書いていたのでシェアする。

このような大きな災害時、感情的になって行動しがちだが

冷静に、どうしたら貢献できるのか考えるべきだ。

以下、省略して抜粋。

---------------------------

【熊本地震で僕らがやっちゃいけないこと。やっていいこと。】
 
どうも、せきねもんこと関根義光です。
 
まず、「お金をどこにいくら寄付すれば良いのだろう」
と自分にできることは「寄付」だと感じられている方、
お金の送金・寄付はあんまりおすすめしません。
 
中間業者にピンハネされる上、本当に現地に届いているのか不透明だからです。
 
なのであなたの真心が100%被災者に伝わることはないのです。
 
ただ、やらないよりはやった方が良いに決まってますので
止めろなんてことは絶対にいいませんが、寄付するんでしたら
そのお金でもっと被災者のためにできることがあります(後述します)。
 
 
次に「現地での災害ボランティア」が思いつくところではありますが
これは九州地方など近隣地域に住んでいなければ
ぶっちゃけ迷惑なんでやめましょう。
 
僕らが感情的に行動しても
現地の被災者たちにその思いは非常に届きづらいです。
 
僕らが良かれと思ってやったことが
結果的に被災者のためになってないことが
東日本大震災の時に多々ありました。
  
その代表的なものが「現地での災害ボランティア」
 
あなたが現地に物資を運ぼうとした場合、
 
・ゴミが発生する。
・車が邪魔、渋滞する。緊急支援車両の邪魔になる
・良かれと思って運んだ物資が実は有り余っていたり、
 逆に足りてない物資を自分たちが使うはめになる
 
などなど、あなたの思いとは逆の結果が待ち受けています。
 
なので現地に行って災害ボランティアをするのはやめましょう。
 
 
次にことなかれ主義×嫌われる勇気のない日本人が大好き「自粛ムード」。
 
災害時に経済活動を自粛しても何一つ良いことなんかありゃしません。
 
むしろ最悪。
 
ただでさえ熊本県中心に経済活動が止まっているのに
地震が起きてない東京で自粛ムードなんかしたら
東京の経済まで打撃を受け、「東京も人災をうけます」。
 
熊本地震によって日本全体に経済活動停止の津波が来かねません。
 
経済活動が終わったら日本は終わります。
 
これを理解せずに自粛ムードに持って行こうとする日本人が
後を絶ちませんので何故自粛しちゃいけないか、簡単に説明します。
 
少し考えればわかることなのですが、
企業の血液はお金です。
   
この自粛ムードの中で経済活動が止まったら
会社の血液が止まることになり、
社員に給与が払えなくなり、
結果的に、食べるのに困る人が量産されてしまうのです。
 
これじゃあ東京が被災したのと変わらないですよね。
 
少々大雑把で極端な説明ではありますが、
地震が起きたからといって経済活動を自粛することは本末転倒なのです。
 
経済活動の自粛、これ最悪なので僕らは
僕らでできることを最大限やっていきましょう。
 
以上、論理的・経済的に考えた結果、
東京に住んでる僕らができることは
 
「友人・知人・家族の安否を確認した上で、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
今以上に活発な経済活動を行い、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
自粛ムードを一掃すること」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
が最善の行いになります。
 
これが一番シンプルで僕らができる最高のことです。
(あくまで僕個人の意見ですが)
 
とは言うものの「何か直接的な助けをしたい」
という方は数多くいらっしゃると思います。
 
そこで、具体的な支援としておすすめしたいのが
専門業者に「物資の輸送」を任せるということ。
 
あなた自身が現地に行くのはありがた迷惑な話になりかけませんが、
業者に物資の輸送を外注するなら話は別で、
現地の被災者にとってすごくありがたいことです。
 
現地の被災者が求めているものは
以下の通りです。
 

ポリタンク
軍手
ガソリンタンク
チョコレート
ラジオ
下着、服
シガライターの携帯充電器
ガソリンを買う現金
おむつ Sサイズが不足
離乳食
非常用食品
カロリーメイト
生理用品
消毒液
ガスコンロ
サランラップ
   
以上が僕らがやっていいこと、悪いことのまとめです。
 
にしても、震度7という巨大地震が起きたのにも関わらず
こんなに被害が抑えられているのは
「人間の人間による人間のための努力の成果」だと感じています。
 
科学技術の進歩は素晴らしいです。
だから僕は未来の被災者を少しでも救うために
全く何一つ自粛することなく活発な経済活動を
行っていきます。
 
少しでも人類の科学技術の進歩に貢献できるように
努力していきます。
  
せきねもん
 
 
 
追伸1:
 
写真は今日僕がお昼に食べた
国産牛フィレステーキ丼。
  
高級ホテルのラウンジで頼んだので3400円しました。
 
「熊本の人たちは苦しんでるのに俺だけ一人こんな美味しい食事食べて
なんか不謹慎だよな」
 
なんていうアホな考えは絶対しちゃダメ。
 
むしろこうした経済活動を活発に行うべきなのです。
 
熊本の人たちはあなたがどう贅沢してようとそんなことはどうでも良く、
生活に必要な物資の確保と明日への不安をどう払拭するかで
精一杯なのです。
  
だから僕らは精一杯経済活動しましょう。
 
---------------------------

以上、省略して抜粋。

共感する。

こうしたとき、すべきことは”相手に役立つこと”であるのだ。

これを読んで、自分が何をすべきか、考えよう。

一つだけフォローしておく。

物資を送らなくても、募金をしなくても、なんら恥ずかしいことではない。

お金がない人だっているのだ。

みんながしてるから、しなければならないということはない。

自分の子供を食べさせるだけでギリギリなのに、無理はしないでいいんだ。

こうしたことが起こったとき、募金や支援をしない(できない)人に対して

冷ややかになる人が少なからずいる。

そうした視線は、気にしなくていい。

募金活動をしている人の前を素通りするのが申し訳なく感じたりもするだろう。

これも、気にしなくていい。

まずは、自分や身近な人の生活がきちんとできていることが大切だ。

そうした人ができる支援が、関根さんが言うように、”自粛しないこと”。

そして、”暗くならないこと”。

お金をかけなくてもできることはたくさんある。胸を張ろう。


追伸@

211ce1e6-728x485.jpg.pagespeed.ce.sokfJc_gAR.jpg

共産党そのものを否定するわけではないが、この行為は詐欺だろう。

この内容が、左隅のところに小さく書いてあるのだ。

twitter1.jpg

こんなの誰も見ないだろう。

だから、関根さんがいうように、考えなしに募金するのは危ない。

信用できるところを探したほうがいい。

こうした事態でも、自分のことしか考えない火事場泥棒もいるのだ。

追伸A

私の部下に、いてもたってもいられず友達と熊本まで支援に行こうとした人がいた。

その子にこの記事を紹介したら、彼は現地に行くことをやめ

物資を寄付することにした。いい子だ。

彼は将来伸びるだろう。

人の痛みがわかる心と、人の話を素直に聞ける柔軟さがある。

まだ若いから、勉強して知恵が身につけば完璧だ。

このやり取りで、成功するには”心・技・体”の三要素が必要で

これらには順序があるんだな、と感じた。

この辺を書き出すと長くなるので後日また。


posted by 長谷川 諒 at 08:55| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。