2016年04月13日

飲食の天才、河野祐治。

81ecff2b3ef61ec53fe7c332a3083a54.jpg

河野祐治。

飲食プロデューサー、中小企業診断士。

私はこの人の本に感銘を受けた。

繁盛させるために必要な情報が全て書いてあるのだ。

これを読んで行動すれば、必ず変わる。

本当におすすめなので、リンクを張っておく。





本当に本当におすすめ。

具体的な戦略から経営者の思考回路まで網羅している。

本日は”繁盛本”の中のエピソードを紹介する。

気になった方は是非読んでみてほしい。

【現場と本社のギャップは「現場作業の共有」の問題】

以下、省略して抜粋。

会社が大きくなってくると、現場と本社でコミュニケーションギャップが生まれてきます。

その最もたるものが

現場「本社は現場を知らないくせに…」

本社「どうして現場はこれくらいのことが…」

というパターン。

チェーンストア理論では、「例外なく全員現場からスタート」が鉄則です。

総務であろうと、経理であろうと、店長までを経験した者が

その職務につくのが基本です。

現場に入っていないものが商品開発して現場におろしたら、悲惨です。

たとえ特殊な専門職員としてスカウトした人でも

一定期間は必ず現場を経験させるべきです。

それが嫌だという人は採用すべきではありません。


さて、どうだろう。

このようなことがよく起こる。

私がよく例に挙げるのが牛丼チェーンの”すきや”だ。

いま続々と閉店しているが、この原因は正にこれだ。

スピードが命、かつ深夜は一人で営業なのに

どう見ても5分かかる牛すき焼き定食を開発すれば、こうなる。

こうした事例が非常に多い。

メニューは一例である。

イベントや施策など、熟考もせず思いつきで無茶をさせていないだろうか。

大体そうしたことをしてしまう人はマーケティングなんて考えないので

繁盛することなく取り越し苦労に終わるのだが。

【現場作業におけるぶっちぎりのNo,1を目指せ!】

以下省略して抜粋。

会社員時代、現場は私に対して「本社は現場を知らないくせに…」なんて

絶対に言えませんでした。

なぜなら私は絶対に現場作業力はずば抜けてNo,1だったからです。

そのため、アルバイトも、社員も、現場も、本社も、全ての気持ちがわかります。

だから、机上の空論ではなく「実践的な」サポートができるのです。


いかがだろうか。

逆のことがいかに多いか。

出来ないことを否定するわけではないが、出来ないのに

現場作業を卑下している経営者が多すぎる。

それゆえ尊敬を得られない。

河野さんのように圧倒的にできるか、もしくは

出来ないから、現場のスタッフを最大限労うか。

前者が曹操タイプで、後者が劉備タイプと言えるだろう。

うまくいくには、このどちらかしかないのだ。

ちなみに私は前者だ。

現場作業では圧倒的であると自負している。

そして、部下にもいかに現場が大切かを説いている。

現場を軽視する人は必ず失敗するからだ。

事件は会議室で起こっているのではないのだ。

現場が全てなのだ。

あなたはどうだろうか。

もう一度立ち止まって、振り返ることをおススメする。

最後までお読み頂きありがとうございました。

いいね!シェア、読者登録、よろしければお願いします。


posted by 長谷川 諒 at 13:58| Comment(0) | 河野祐治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。