2015年10月09日

世界を変えた10冊の本@池上彰


池上彰.png






本日は池上彰さん。




最近は中谷先生ばかりですが、




いろんな作家さんの本を読んでいます。




私はよく”人間力を鍛えろ”と言います。




人間力には様々な要素があります。




教養もその一つ。



政治、宗教、経済など



基本的な知識だけでもいい。



それらを知ることで




人としての奥行きが出ます。




というか、必須です。




上司とニュースの話をして



中東問題の基礎知識も知らなければ



きっと部下は幻滅します。




私なら幻滅します。



逆に持論をペラペラ語られたら



この人、すごいなと思います。





”世界を変えた10冊の本”




その入門書として最適です。




以下、池上彰さんチョイスの10冊。



1・「アンネの日記」父親の修正が入って出された最初の版(清純なアンネのイメージ)と、
後で出版された原文のままの内容(母親や周囲への批判や、性への目覚め、etc)の違いや、
「アンネの日記」と「イスラエル建国」の関係などについて。


2・「聖書」欧米文化の基礎を築いた書物として、「旧約聖書」「新約聖書」の解説や、
現代でも強く残るその影響を考察。
「旧約聖書」では、ユダヤ教に関しても説明が。



3・「コーラン」では、イスラム教についての説明。



4・「プロティスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックス・ウェーバー著)は、
宗教が経済に与える影響を書いた本で、アメリカなどプロテスタントの国で資本主義が
発達した事から、「プロテスタントの思想が、資本主義の精神を作った」と考察。



5・「資本論」(カール・マルクス著)資本主義を批判し、社会主義国家形成の元にもなった本。
わかりやすい。




6・イスラム原理主義の「道標」(サイイド・クトゥプ著)現在過激なテロ活動を行なっている
イスラム原理主義の元になっている本。



7・「沈黙の春」(レイチェル・カーソン著)、DDTや農薬・・・そいうものが自然を汚染することを、
世界に知らしめた一冊。



8・「種の起源」(チャールズ・ダーウィン著)キリスト教世界を揺るがし、今なお、アメリカでは
進化論を学校で教えるべきか、否か、もめているという、キリスト教国に多大な影響を与えた本。



9・「雇用、利子および貨幣の一般理論」(ジョン・M・ケインズ著)不況時に、公共事業投資や
金利をあげるなど、現在では当たり前に行われている経済政策を生み出した本。



10・「資本主義と自由」(ミルトン・フリードマン著)新自由主義経済の元になった本。






私(26歳)くらいの歳は




今すぐに役に立つスキルを求めがちです。




しかし、それ以上に




”人間力”が大切です。



マナーや振る舞いをはじめ



こうした社会の知識を身につけることは



膨大な勉強が必要です。




そして、ここで圧倒的な差が付きます。




スキルは差が付きません。



しかもスキルは外注できます。




出来る人に、頼めばいいのです。




人間力を鍛えるため、勉強、勉強です。





間違いのない科目は、”歴史”です。




歴史を学び、人間の生い立ちを知ることで




過去の過ちを繰り返さずに済みます。



”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”



池上彰さんの座右の銘です。




私の座右の銘でもあります。















人気ブログランキング参加しています!
ご覧になられた方、是非ポチッとお願いします!


↓↓
人気ブログランキングへ


自己啓発書 ブログランキングへ










posted by 長谷川 諒 at 15:28| Comment(0) | 池上彰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。