2015年08月27日

世界から戦争がなくならない本当の理由@池上彰









昨日の記事に続きます。
私は常々人間力が大切であると述べてきました。
そのために、知らなければいけないことがあります。



”歴史”



です。
これだけは必須です。
我が国日本は平和でとても素晴らしい国です。
たとえ税金が高くても、私はこの国で生涯を終えたい。


が、しかし。
平和ゆえに、世界各国に対する認識が非常に甘いと感じています。
なぜ、朝鮮半島の争いは終わらないのか、イスラム教過激派はなぜあのような行動に出るのか。
そもそもウクライナ問題に対して認識のない人も多いかと思います。
少なくとも、私は同世代の友人とこの辺の話題について語り合ったことはありません。



イエスは言います。



”汝、あなたの隣人を赦しなさい。”



私なりに言い換えると、



”あなたの隣人を知りなさい。”



です。
争いごとはいつも、自分の物差しで他人を図ることから始まります。
そうではなく、他人がどのような考え方、信仰をしているかを知る。
理解をする必要はありません。
知るだけで十分です。


そのためには、歴史の学習が必須です。
世界はなぜこのような状況になったのか、それを知れば人間力が必ず高まります。

私の住む福岡県北九州市は、土地柄か在日の方が多いです。
しかし、歴史背景を知らない人は平気で韓国や中国の悪口を言っています。


政治や宗教の話はタブーである、そんな常識すら知らない人だらけです。



それゆえ、是非歴史を学んでほしい。
歴史から、教養を身に着けてほしい。



直接的には、あなたの仕事には関係ないかもしれません。
しかし、必ず役に立ちます。


価値観が広がり、人に優しくなれます。



ナルトにしか、我愛羅の気持ちはわからない。


それと同じです。



その歴史を知るきっかけに、池上彰さんの著作はピッタリです。
今後戦争を知る世代がいなくなる以上、私たちの世代がこの歴史を知ることは必須であるのです。








posted by 長谷川 諒 at 15:15| Comment(0) | 池上彰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。