2018年04月25日

【長谷川コラム】1つ100円で仕入れたものを、300円で一人に売るか、150円で二人に売るか。どっちがいいとと思う?

katsuyama-943x1024.png



さて、表題の問い、どうでしょうか?

売上は同じ300円。

利益は前者が200円。後者が100円ですね。これはわかりますよね。

ということで、答えは簡単。前者が正解です。

前者に後者の利益が追いつくには、4人に売らなければいけません。

これはどういうことかというと、生産性は前者が後者の4倍である、ということです。

単純化していますのでわかりやすいですが、同じことが飲食業界で普通に行われている現状に私は危機感を覚えます。

ビールって、大体どこの店も仕入れ価格おなじですよ。

でも、ある店は500円、ある店は280円です。

280円の店が500円の店と同じ利益を出すためには、4倍売らないといけないんですよ。

これは大変なことです。その分人件費や管理費は増えますから。

何が言いたいかというと、安売りを考えるよりもどうしたら高売りできるか考えたほうがいいということです。

GWで安売りに走る店が多くて、こりゃまずい、と感じました。

もう何度も言っていますが、同じ利益なら楽にやれるほうがいいに決まっているんですよ。

その空いた時間や体力でやれることはいくらでもあります。

苦労をしたいという人はよほどのマゾティックな性格の持ち主です。

同じクオリティならかかる時間は短いほうがいいに決まっています。

かかった時間をアピールするのは仕事の遅い人の特徴でもあります。

その理論で言うならば作業が遅くて残業代だけ無駄に発生する未熟な人間が優秀ということになります。

GWのようなチャンスに自ら効率を落とすような行為はこれと同義だと私は思います。

もし値下げするのなら、GW明けなど暇が予想されるタイミングで集客を狙ってするべきです。

まぁ、私ならそこでも値上げしますけど。値下げという選択肢はないので。

以上、参考になれば幸いです。


posted by 長谷川 諒 at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

【長谷川コラム】しょうがないとみなされていることは、本当にしょうがないことなのか?いや、違う。

アクセスアップ.png





今日、スタッフが揃いも揃って遅刻してきました。

理由は皆、”体調不良”でした。

昨日めちゃめちゃ売れており、さらにオープンから予約が入っていたので私は一人で焦って準備を進めました。

さて、これはしょうがないことなのでしょうか?体を壊すのはしょうがない?

私は、そんなことないと思います。

まず第一に、前提としてきちんと体調管理をしているのか?という点。

一人は貧血で遅刻してきたのですが、その対策はしているのか?と私は聞きました。

普段から貧血にならないように栄養管理をしたり、なったときに薬をいつでも飲める準備をしているのか?と聞くと、

してません。そりゃそうだよね、と私。

もう一人は体調が優れない、と一言。

このスタッフは、多い時は月に4、5日も休みます。

しかもいつも体調不良で、皆勤したことはこれまで一度もありません。

アルバイトで、一日5時間くらい、長い時でも9時間で週休2日。

過労とはとても思えません。

いいですか、君たちは自分に対してしょうがないと慰めの言葉を送っているかもしれないけれど、世の中はそんなに甘くはない。

もちろん、万全を期していても体調が崩れるときはある。

しかし、それで社会は許してはくれませんよ、と私は言いました。

こんなこと言うと私はブラックオーナーかもしれませんが、よく考えてみて下さい。

あなたは大学生で、本命の企業の面接の日に風邪をひきました。

企業は、面接の日程を変更してくれますか?

あなたによほどのスキルがない限り不可能でしょう。

結婚式当日にインフルエンザになりました。

予定を変更できますか?無理でしょう。

チャンピオンリーグの決勝の大一番、サッカー選手にとって最高の舞台です。

コンディションが整わなければ、メンバー落ちになるでしょ?

それが現実です。

しょうがなく、ないんですよ。

結果を出す人は、きちんとしています。

私はオープンから一度も仕事を休んでいません。

皆以上に働き年齢も上な私が元気いっぱいで一回りしたの若者が頻繁に体を壊すって、それは怠慢ですよ。

私は男性なので女性の気持ちはわかりませんが、生理痛が激しい人も結構たくさんいらっしゃるそうです。

生理痛がひどくて、重要な会議やプレゼンに行けない、これはしょうがないとなりますか?

私の友人は、非常に生理痛がひどくて昔は立ち上がれないほど苦しんでいました。

しかし今はバリバリのキャリアウーマンです。

病院で診察をしてもらい症状を押さえているそうです。

いいですか、あなたのしょうがないと思っていることはしょうがなくはないんです、大抵。

何かしら予防や対策が出来る。間違いありません。

人には絶対に逃せないチャンスというものが必ず巡ってきます。

それを自分の怠慢で逃しては勿体ないです。

スタッフに言いました。

お店を出したい、独立したい。そう思ってお金を貯めて準備していても、物件の内覧やオーナーとの面談の日に体調を崩したり資料が間に合っていないと契約は勝ち取れない。

おれたちはそのいつ来るかわからないチャンスに備えておかなければいけないんだよ。

悠長に構えていては一生抜け出せないよ。

この話は賛否両論あると思います。

しかし、私はこのように思っています。

スポーツ選手で活躍できる選手は上手な選手ではありません。

必要条件ですが、十分条件ではないです。

必要なのは、ケガをせずに出場し続けられる能力です。

素晴らしいスキルも試合に出ることが出来なければ無意味です。

かわいそうと心配されるのは学生までか、それはしょうがないというくらい身を粉にして頑張っている人だけ。

あなたはそうではない、ですよね。

頑張って下さい。

正論を言っているのは自分でもわかっています。

言われたくなければ、行動で示して下さい。

ということで、ちょっと愚痴っぽくなりましたがこの辺で。
posted by 長谷川 諒 at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

【長谷川コラム】眠らせているお金は何も生まない。投資しよう。

DSC_0361.JPG





最近私は本業で稼いだお金を様々なものに分散投資すべく動き回っています。

現在進行形なFX、今後は株、仮想通貨、債券、それに飲食店も今年中にもう一つ作る予定です。

私はお店を開いて一年半ですが、これまでは借入金もあるし怖かったので何も行動をしませんでした。

しかし、今後は動きます。

自らの資産をリターンのあるものに分散投資して更なる成長を図ります。

お金は、銀行に預けていても何の価値も生みだしません。これ、本当ですよ。

100万円銀行に預けていても、利子は年20円とか。まるで無意味です。

私は2年前、銀行に貯めておいた150万を元手に融資を受け、お店を出しました。

この行為はあまり理解されていないですが、立派な投資です。

7倍のレバレッジをかけて150万を居酒屋に置き換えたのです。

その居酒屋は、今では年に元本の20倍以上のキャッシュを生むようになりました。

投資行動としては大成功だったと言えるでしょう。

私は今年その居酒屋が生んだキャッシュを再投資しようと目論んでいるわけです。

もし私が150万を投資せず、せかせか働いていたら今頃どうだったでしょうか?

恐らく、150万は200万、もしくはもうちょっとくらいになっていたかもしれません。

これではいつまでたっても豊かになれません。これはもうわかりきっていることです。

私たちが豊かになる為には、まず軍資金を貯め、それを何かに置き換えてリターンを生まなければなりません。

限られた収入を少しづつ積み立てても時間がかかりすぎて使えるころにはおじいちゃんおばあちゃんです。

もちろんリスクもあります。

私はなんとかうまくいきましたが、失敗して元本割れ、最悪ならば借金を負ってしまうこともあり得ます。

そうならないために、勉強しなければなりません。

リスクは0にはなりませんが、0に近づけることはできます。

そのために私は日々得られた教訓をこのブログに書いています。

飲食店も、全く同じです。

繁盛店を作る公式はないですが、閉店に追いやられるほど採算がとれないお店にならないためのノウハウはいくらでもあります。

嫌味になるかもしれませんが、私はもう一生食いっぱぐれることはないと思います。

私が飲食店を作れば、赤字になることは皆無です。唯一考えられる可能性は天災や事故など想定外の事態に陥ったときだけ。

そう言い切れるの理由は、私はリスクを冒さないからです。

矛盾のように聞こえますが、言い換えるとリスクを限りなく0に近づける、という意味です。

例えばですが、サラリーマンの多い街で安い焼鳥屋を作って毎日清潔に丁寧に営業すればその店はどうなるでしょうか?

大繁盛するかはわからないけど、赤字になることはないです。外さないやり方です。

私はこのような戦略を必ず取るので失敗はあり得ないと言います。

失敗する人はサラリーマンが多い街でパンケーキのお店を作るような愚行を犯してしまいます。

そうしたことをしなければ、投資のリスクは限りなく0に近づけることはできるのです。

私は投資をすることを推奨します。お金を眠らせていても何も生みません。

きちんと勉強して、的確な対象に良いタイミングでお金をつぎ込めば必ずリターンはあります。

ちなみにこんな偉そうなことを書いている私も失敗はたくさんあります。

とくにFXは今でも大幅に負け越しています。しかし、辞めません。

昨年まだまだ未熟だったころ結構な額を溶かしました。

いまそれを取り返すべく奮闘中です。

こうした失敗を繰り返してうまくなっていきます。

飲食店も、一度店を潰した人は二度目はうまくいくと言いますよね。

もちろん、失敗せずにやるのが一番いいですが、再起は可能です。

大事なことは、再起不能のダメージを負わないことですね。


DSC_0361.JPG
posted by 長谷川 諒 at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。